蛇口のメンテナンスに使用する工具をレンタル

水道の蛇口をしめているのに、水滴がポタポタ落ちてくるときは、水回りの劣化状況を検査します。
水道事業者に依頼しても良いのですが、人件費と出張費を含めた交通費はコストになってしまいます。
一般家庭でDIYを行うように、オフィスでも自社で作業すると経費削減効果につながります。
水道の蛇口は、縦方向のドライバーよりも横方向のドライバーのほうが力加減が滑らかでネジ頭を損傷させにくくなります。
縦方向のドライバーを無理に使用してしまうと、力の加減でドライバーが傾いたときに、ネジ頭を損傷させる可能性が生じます。
ネジ頭を損傷させてしまうと、ドライバーでの取り付けも取り外しも不可能になってしまいます。
横方向のドライバーのメリットは、多少の力加減でブレが生じてしまっても、ネジ頭に不要な負荷がかからずに済む点です。
横方向のドライバーは、ドライバーの柄の部分を軽く左右に振りながら作業するだけで簡単にネジを取り付けられます。

サビで固くなってしまっている古いネジは、横方向のドライバーのほうがテコの原理を応用できるので、必要以上に手に力を込めなくても作業できます。
横方向に作業するドライバーは、水道の蛇口や一部の狭い空間におけるネジに使用するのが一般的なので、使用回数そのものは少ない方です。
あまり使用しないのに工具として購入してしまうと、経費とはいえ出費になります。
工具のレンタルを利用すれば、購入するよりも低価格帯で使用できます。
道具や工具はオフィス内で紛失してしまう可能性もありますので、必要な時に必要な工具をレンタルしたほうが、保管コストを軽減できます。
保管コストのポイントは、スペースと時間です。
保管場所のスペースの確保と、探す時間がポイントになります。
あらかじめ工事日程を調整して、担当者を決めておけば、事前予約でレンタルしやすくなりますので、無駄を必要最小限に抑制しやすくなります。
ネジのドライバーの他にも、スパナとペンチが必要になる場合もありますので、蛇口の工事では蛇口のメーカーと型番も調べておくとスムーズです。